若くしてセミリタイアする効率的方法

年齢

私は32歳でセミリタイアを始めて、現在で8年になります。

今回は自分のセミリタイアの経験と反省を基に、若くして効率的にセミリタイアする方法について解説します。

スポンサーリンク

300万円貯める

セミリタイアするためには、お金をコントロールする力を身に着ける必要があります。

普通に働いていれば生活できるだけのお金は自動的に入ってきます。しかし、セミリタイアでは自分で生活するためのお金を管理しなければいけません。

そのために、300万円を貯めることから始めましょう。この300万円を貯める方法は特に考える必要はありません。仕事だけで難しいなら、副業をしたり株式投資をしたり何でも良いと思います。

3年以内に実現する

一つだけ重要なのは、300万円を3年以内に貯めることです。少なくとも3年以内に達成する気持ちと環境がなければ、セミリタイアを達成するのは遠い未来になってしまいます。

株式投資による資産運用

次に必要になってくるのは、資産運用することで労働以外でお金を稼ぐ力を身に着けることです。

セミリタイアするためには、十分な貯金か労働に変わる収入源が必要になります。しかし、貯金に頼るセミリタイアは若くして実現するのは難しいでしょう。そうなれば、必然的に労働に変わる収入を生み出すしかありません。

その方法として、最も効率が良いのは株式投資だと私は考えています。株式投資で資産運用すれば、配当金や株の変動による収益が見込めます。

もちろん、リスクが伴いますが仕事と同じくらい真面目に株式投資を続けるなら、リスク以上にリターンを得られる可能性が高いでしょう。

若くして、セミリタイアするためには資産運用の知識や経験は欠かせません。

資産運用で1000万円貯める

私の経験から言えば、独身ならセミリタイア出来るかどうかのラインは資産1000万円です。それは技術的にも金額的にも言えることです。

300万円を1000万円まで運用する力、1000万円の運用資金があれば、仕事を辞めてセミリタイアすることも可能です。

10年以内に実現させる

セミリタイアに時間をかけるのは無駄です。本当に大切なのはセミリタイアして何をするかです。

人生100年時代と言われますが、現在の年齢から考えて健康的で自由に動ける時間はどれだけ残っているでしょうか?

確かに20年、30年かければ確実に安全にセミリタイアは実現できるかもしれません。しかし、そのために費やした時間は戻ってはきません。多少、リスクがあるとしても10年以内にセミリタイアは実現させるべきだと個人的には思います。

段階的にセミリタイアする

セミリタイアに10年以上費やすべきではない反面、完璧な状況でセミリタイアする必要はないと思っています。月160時間の労働から月100時間、50時間と段階的に労働時間を減らしながら、労働収入に代わる別の収入を模索していくのが望ましいセミリタイアだと個人的には感じています。

労働に割いていた時間が自由な時間に変われば、それだけ別の収入を模索する時間も増えることになります。

資産運用をより深く勉強することも出来るし、興味ある副業に挑戦してみるのも良い経験になると思います。

最大の後悔はセミリタイアに時間をかけ過ぎること

このような資産運用や短期間でのセミリタイアには全くリスクがないとは言えません。しかし、セミリタイアするために時間をかける過ぎることは大きな後悔に繋がると思います。

人生は有限で同じ時間は決して戻ってきません。セミリタイアを目指すなら、失敗を恐れずに本気で取り組むことが大切だと思います。

コメント