株式投資はセミリタイアするための最強の資産運用法

ベスト

資産運用で不労所得を得ながらセミリタイアする方法については、様々な本やブログで解説されています。

しかし、資産運用には様々な方法があり、どういう資産運用がセミリタイアに最適かという見解は人によって異なります。

今回は株式投資でセミリタイアした私自身の経験を基に、セミリタイアするための最強の資産運用法は株式投資である理由について解説します。

スポンサーリンク

資産運用でセミリタイアとは?

資産運用でセミリタイアするとは、自分の保有する金融資産や不動産などを利用して収入を得ることを指します。

具体的には、株式、ETF、仮想通貨、債券、為替、不動産、先物などが資産運用の方法として挙げられます。

資産運用でセミリタイアするメリット

資産運用でセミリタイアする最大のメリットは、少ない資産でセミリタイアを実現できることです。

貯金でセミリタイアするなら少なくとも5千万円~数億円を貯める必要があります。一般的なサラリーマンには非現実な金額ですし、達成できたとしても長い年月が必要になります。

それに対して、資産運用によるセミリタイアでは独身なら1千万あればセミリタイアは可能です。実際に私自身も1千万円でセミリタイア生活を始めましたし、それを実現するまでの期間は8年くらいです。

セミリタイアの資産運用で株式投資が最強である理由

では、この資産運用によるセミリタイアでも、株式投資による資産運用が最強である理由は何でしょうか?

その理由を説明する前に、具体的な資産運用の方法をいくつか挙げてみましょう。

  • 株式投資
  • ETF
  • 仮想通貨
  • 債権
  • 為替
  • 不動産

主要な資産運用法で言えば、これらの方法が考えられると思います。この中で、株式投資が最強である理由は次の4つです。

資産運用の手間がかからない

スマホかPCがあれば、株式投資は簡単に始めることが出来ます。

証券口座を開くにも難しい手続きはなく、早ければ申し込んだ翌日にも株式投資を始められる証券会社もあります。

セミリタイアを目指す段階では、おそらく多くの人が本業の仕事をしながら資産運用を始めます。その時に大きな弊害になるのは、資産運用にかける時間がないことです。

株式投資なら自宅でも仕事の休憩中にでも売買が可能で、資産運用の手間を最小限にすることが可能です。

インカムゲインとキャピタルゲインの両方がある

インカムゲインとは配当金や株主優待、キャピタルゲインとは売買による利益です。

株式投資なら保有していれば配当金や株主優待が定期的に受け取れる上に、株価が値上がりして売却するなら売却益を受け取ることが出来ます。

他の資産運用法にもそれらはありますが、株式投資の場合はどちらも高い水準で受け取ることが可能です。

諸経費が安い

諸経費が安いことも株式投資の大きな魅力です。今では多くのネット証券が1日数十万円までの取引なら、取引手数料はかかりません。

ネット証券であれば口座開設費も振込手数料も無料の証券会社が多く、一切の手数料なく株式投資を始める事ができます。

また、株式投資の利益にかかる税金は特定口座なら一律20.315%(2021年現在)です。給与所得や事業所得、雑所得のように利益が増えるほど税率が高くなることはありません。

選択肢が多い

日本の市場に上場している企業は3000社以上あります。株式投資をするということは3000社以上の選択肢の中から自由に投資対象とする銘柄を選ぶことが出来ます。

これだけ多くの選択肢がある以上、常に魅力的な株が眠っていると考えることが出来るでしょう。

資産運用は株式投資から始めるのがオススメ

どの資産運用もメリット、デメリットがあるので全ての人に私の考えが当てはまるとは言いませんが、それでもセミリタイアで資産運用を始めるなら私は迷わず株式投資をオススメします。

各資産運用法のメリットとデメリット

ちなみに先ほど挙げた資産運用法のメリットとデメリットを挙げると次のようになります

  • 株式投資 メリット:上記の通り デメリット:集中投資はリスク
  • ETF メリット:プロが運用 デメリット:信託報酬がかかる、ピンキリ
  • 仮想通貨 メリット:値動きが荒い デメリット:値動きが荒い
  • 債権 メリット:リスクが小さい デメリット:利回りが低い
  • 為替 メリット:レバレッジが利く デメリット:基本的に投機
  • 不動産 メリット:現物資産 デメリット:手数料と時間、手間がかかる

株式投資のデメリットは1,2銘柄に集中投資するとリスクが生じることくらいで、見事に他の資産運用法のデメリットをカバーしていると言えるでしょう。

3年かけて投資技術を身に着けよう

株式投資に関わらず、資産運用をするには知識や経験が必要になります。セミリタイアするなら少なくとも3年以上は資産運用のキャリアを積みましょう。

私自身はあまり要領が良い方ではなかったので、セミリタイアするまでに8年ほど株式投資の経験を積みました。

資産運用は失敗してこそ経験になる

資産運用は上手くいっていることよりも、失敗することが大切な経験です。1,2年続けて失敗が続いたとしても、それは当然のことで誰もがその失敗から学び成長します。

株式投資でも例外ではなく、最初から上手くいくと考えずに、じっくりと地に足をつけて続けることが大切です。

コメント