短期投資から長期投資へ【セミリタイアの株式投資術】

楽に生きる

私は32歳で株式投資でセミリタイアを実現しました。その当時は短期投資が利益の対部分を占めていましたが、現在では長期投資の傍らで短期投資を行っています。

投資セミリタイアをする場合、この短期から長期へのシフトが重要なステップアップになりますが、その理由について解説します。

スポンサーリンク

セミリタイアするのは自由な時間を増やすため

セミリタイアの根底にあるのは、長時間労働からの解放です。限られた人生の中で、月に160時間以上の労働を40年以上続けなければいけない状態から抜け出す方法の一つがセミリタイアすることです。

自由な時間を大切にするセミリタイアという生き方を実現するのであれば、労働に関わらず何かに束縛される時間は少なくする意識が必要です。

投資は時間を拘束される

労働に代わる収入として資産運用を用いる投資セミリタイアですが、投資を行うことも時間を拘束されることに変わりはありません。

具体的に株式投資をするなら次のことで時間を必要とします。

  • トレード
  • 投資の勉強
  • 銘柄のスクリーニング
  • 相場動向、決算書のチェック

トレード以外の投資に費やす時間は自然に減っていく

但し、投資によって拘束される時間は、仕事に拘束されるサラリーマンと違い、自分でその時間をコントロールすることが可能です。

しっかり勉強したいなら1日8時間しても良いし、特に新しく学びたい知識がなければ全く勉強しなくても良いでしょう。

私の経験から言えば、実際にトレード以外の時間は、初心者の頃で1日1,2時間程度、投資歴15年の現在では月に数時間程度です。

経験を積めば積むほどこれらの時間を減らしても、投資パフォーマンスは向上していきます。

コントロールすべきはトレード時間

投資をする上で、コントロールが必要になるのはトレードにかける時間です。初心者でも上級者でもトレードをするなら、その時間は平等に拘束されます。

そして、投資スパンが短いほどトレード回数は増えるので、トレードに費やす時間も多くなります。

デイトレード中心のセミリタイアは発展途上

特にデイトレードを中心に資産運用しているなら、それが上手くいっていてもセミリタイアとしては発展途上です。

毎日トレードをするためにパソコンの前に5時間も張り付いているなら、本当の意味で自由な時間とは言えないからです。

私自身もセミリタイア当初は、このデイトレード中心の投資をしていました。しかし、徐々に短期から中期への投資にシフトしており、今では朝の一時間程度しか株に費やしていません。

もちろん、それ以外の時間でも気が向いたら相場をチェックしたりしますが、基本的には別のことで自由に時間を使っています。

短期投資にもメリットはある

ただ、デイトレードや短期投資にもメリットがないわけではありません。

少ない資金で大きな利益を見込める

短期投資の強みは、少ない資金でも大きな利益が見込めることです。

私の場合はセミリタイアした時の資産は1000万円程度でした。この資金で中長期投資で安定して数百万円の利益を得るのは、少し難しいと感じていました。

短期投資で資金を効率よく回転させることで、少ない資金でもセミリタイアするのに必要な資金を稼ぐことが出来ました。

相場勘が身につく

常にトレードしながら相場情報をチェックしていると、相場の細かい動きも捉えられるようになります。

そのため、短期投資はある程度の技術があれば利益を出しやすい投資だと個人的には考えています。

投資の知識・経験値が増える

相場勘と同様に、知識や経験値もトレード回数が増えるほど増えていきます。

そのため、初心者の内から短期投資をすることは、セミリタイアして投資技術を向上させるためにも必要なステップだと感じています。

資産が増えていく過程で長期投資にシフトする

短期投資にもメリットがある以上、最初から無理して短期投資を辞める必要はありません。

セミリタイアしつつ、投資で資産を増やしていく過程で徐々に長期投資を主体とする投資にシフトしていけば良いでしょう。

支出と時間のバランスをとる

資産1000万円でセミリタイア生活を始めた私の場合には、資産2000万円を超えた辺りから短期投資をしなくてもセミリタイア生活に不安は無くなりました。

長期投資を主体とした資産運用でも、セミリタイアしながら資産を増やせるようになったためです。

私の投資技術では短期投資を交えた方が年間の利益は多くなりますが、それを優先するか時間を優先するかで考えた場合には、資産2000万円が分かれ道になりました。

もちろん、投資に費やす時間と自由な時間のどちらを優先するかは、個人の投資技術や考え方によっても大きく違うと思いますが、投資セミリタイアするなら長期投資へのシフトは生活を有意義にするためにも必要なことでしょう。

コメント