セミリタイアはニュートラルな生き方

仕事と人生のバランス

セミリタイアを目指している人にとって、セミリタイアすることをゴールと捉える人がいると思います。

しかし、セミリタイア生活は続けることが目的ではなく、それを中心にしたライフシフトのための基礎になるものです。

スポンサーリンク

セミリタイアはニュートラル

セミリタイアとは正社員で働くことを辞めて、労働時間を最小限にして自由に使える時間を増やすことです。仕事中心に生きるのではなく自分が望むことで一度きりの人生を送ります。

もう一つの側面として、セミリタイアは時間の使い方を自分でコントロールしたい人にとってニュートラルなライフスタイルと言えます。

セミリタイアから別のライフスタイルを確立することも出来るし、逆にそこから戻ることも出来ます。多様化するライフスタイルの中心にセミリタイアを位置づけすることで、スムーズに時々に応じて望むライフスタイルへシフトすることが可能です。

例えば、あなたがセミリタイアを実現したら仕事を減らして自由になった時間を体を休めることに費やすかもしれません。本を読んだり、音楽を聴いたり、山で自然を楽しむことで自由な時間を満喫するでしょう。

しかし、その期間が長くなれば穏やかに過ごす時間にも飽きて、何か別のことに時間を使いたくなるでしょう。

セミリタイアに飽きたらライフスタイル切り替えよう

セミリタイアというライフスタイルを苦労して手に入れた人ほど、それを手放すのは躊躇するかもしれません。しかし、他のライフスタイルに切り替えたいなら、素直に自分の欲求に従いましょう。

何かに挑戦したい時、やりたい仕事が見つかった時、完全にリタイアしたいと思った時など、あらゆる方向にシフトできるのがセミリタイアの最大の強みと言えます。

セミリタイアから正社員へ戻ることも考える

もし、仕事としてやりたい事が見つかった場合には普通のライフスタイルに戻るのも前向きに考えて良いでしょう。

せっかくセミリタイアしたのに・・と考えるのではなく、セミリタイアをやめても働きたい理由があるなら、迷うことなく再就職するべきです。

いつでもセミリタイアできる状態が大切

セミリタイアを実現する目的はセミリタイアを続けることではありません。いつでもセミリタイア生活が出来るようになることが、セミリタイアの本当の目的です。

常に自分が望むライフスタイル、時間の使い方をするためにセミリタイアというニュートラルな状態があると私は思います。

セミリタイアして自由を謳歌しても、時には挑戦する楽しみを求めるでしょうし、さらに自由な完全なるリタイア生活を求めるかもしれません。

考え方や興味は年齢を重ねるにつれて変化していきます。その変化に柔軟に対応するためにも、仮にセミリタイアをしないとしても、セミリタイアできる状態を目指すのも悪くないと思います。

コメント