【目指せ初段】囲碁ソフトを使う【囲碁上達の勉強方法①】

2019年の目標として「囲碁で初段」を掲げましたが、効率の良い勉強方法を考えています。

もちろんお金と時間に余裕があれば、日本棋院や関西棋院の教室に通ったり指導碁を打ってもらうというのが良いと思いますが、いかんせん貧乏暇なしのダブルパンチです。

ということで今回はパソコンで出来る囲碁ソフトについて考えたいと思います。

スポンサーリンク

囲碁ソフトとは?

囲碁ソフトとは、パソコンを利用してコンピューターと対局や詰碁などが出来るソフトのことです。

最近ではAIという言葉は囲碁では当たり前のように出てきますが、それも囲碁ソフトの一つですね。

インターネットを使って遠くの人と対局するネット碁もありますが、今回はコンピューターと対局する囲碁ソフトについて考えたいと思います。

囲碁ソフトのメリット

囲碁ソフトで囲碁の勉強をするメリットをまとめると以下のようなものが挙げられます。

囲碁ソフトのメリット

  1. ソフトを買えば無料で利用できる
  2. 好きな時間に好きなだけ対局できる
  3. 色々な手を試せる
  4. 打った手の評価をしてくれる
  5. 形成判断やヒントなどによる発見がある
  6. オンライン対局で人との対局も可能

ソフトを買えば無料で利用できる

囲碁ソフトを買えば、それ以降は基本的には無料で利用できます。

碁会所で毎回1000円程度の席料を払うとすれば10回行けば1万円になります。有名な囲碁ソフトでも大体1万円くらいで買うことが出来ますので、そこから無料で利用できるのであれば非常に経済的だと言えると思います。

好きな時間に好きなだけ対局できる

囲碁ソフトは、好きな時間に好きなだけ対局できます。

人と打つなら相手の都合も考えて時間や対局数を決めなければいけません。囲碁ソフトはコンピューターが相手のために深夜であっても1局だけであっても自由に対局できるのは大きな魅力の一つです。

色々な手を試せる

人と対局する時と違って、囲碁ソフトなら試してみたい手を自由に打つことが可能です。

相手がいると自分勝手な打ち方や実験的な打ち方は躊躇してしまいますが、勉強のための打ち方が自由にできるのも囲碁ソフトのメリットです。

打った手の評価をしてくれる

囲碁ソフトによっては対局中に打った手を評価してくれます。

また、次の手として最適な選択肢をいくつか考えてくれたりと、自分にない発想や手筋を導いてくれるので、棋力の向上にもつながります。

形成判断やヒントなどによる発見がある

囲碁ソフトはただ対局するだけでなく形成判断やミスのない打ち方を教えてくれる機能もあります。

自分一人では息詰まる囲碁の勉強も囲碁ソフトと利用すれば、格段に効率的になります。

オンライン対局で人との対局も可能

囲碁ソフトによってはオンラインで人との対局ができるソフトもあります。

やはり人と打ちたいと思う時でも、この機能を利用すれば楽しく対局することが出来ます。

有名な囲碁ソフト

では、囲碁のソフトはどういったものがあるのでしょうか。

棋力が高いことで有名な囲碁のソフトを紹介していきます。

天頂の囲碁7 Zen

棋力:「15級」から「九段」

最上位のレベルではトップクラスのプロ棋士にも勝つほどの棋力を備えたソフトです。

下は15級から棋力を設定できるので初心者からでも十分に楽しめます。

天頂の囲碁7 Zen
楽天ブックス
¥ 9,227(2019/03/29 14:55時点)

最強の囲碁 Zero

棋力:「15級」から「九段」

AIが自己対戦を繰り返し行い、評価が最大化する行動(手)を自ら学習して強くなったソフトです。

最強の囲碁 Zero アンバランス ※パッケージ版
Joshin web 家電とPCの大型専門店
¥ 10,778(2019/03/29 14:55時点)

現在の囲碁のレベルアップには必須

現在の囲碁界ではプロもAIの打ち筋を参考にしているほど、コンピューターの性能は高いものがあります。

アマチュアでも囲碁の棋力を向上させたいのであれば、囲碁ソフトは必須になりつつあるのではないでしょうか。

私自身も、銀星囲碁というソフトを利用して勉強しています。まだ囲碁のソフトを持っていない方は一度調べてみるのをオススメします。

コメント