お金を稼ぐ方法は4パターンだけ【4つのクワドラントの特徴】

仕事

前回の記事で、人生の優先事項の多くを実現するためには、お金が必要だという話をしました。

今回は、そのためにはどういう方法があるのかを考えてみましょう。

極端な話では、宝くじやロト6などで1等を当てれば、一生不自由なく暮らせるお金が手に入ります。

しかし、それは毎回買っていたとしても、本当に一握りの人しか当たる事はなく、多くの人が狙って当選させるというのは非現実です。

つまり、お金と人生のロードマップを描く際には、現実的にお金を手に入れる方法で考える必要があります。

スポンサーリンク

現実的にお金を稼ぐ方法は大きく分けで4つ

クワドラント

随分前に日本でも流行した本に「金持ち父さん、貧乏父さん」という本がありました。この本はお金について考える上で、最もわかりやすく具体的である本の一つだと個人的には思います。

その中で、お金を稼ぐ手段を大きく4つに分類していましたが、その考えは非常にわかりやすいものだったので、説明に使わせていただきます。

その本のなかでは、4つの分類をクワドラントといい、それぞれの手段で得られるお金の種類は以下のようになります。

Eクワドラント(従業員)
給料所得(自らの労働の対価として、会社から受け取るお金)
Sクワドラント(自営業)
事業所得(自らの労働の対価として、顧客から受け取るお金)
Bクワドラント(ビジネスオーナー)
事業所得(オーナーとして人を雇用して事業を展開し、その事業で発生する利益)
Iクワドラント(投資家)
配当所得や譲渡所得(株や不動産などにお金を投資し、もたらされる利益)

現実的にお金を稼ぐには大きくこれらの4つの手段があるということです。それぞれのクワドラントの特徴をより詳しく解説しましょう。

Eクワドラント(サラリーマンやOLなど)

これは多くの人がそうであるように、雇用され労働の対価としてお金を得る方法です。アルバイトであっても正社員であっても同様です。

Eクワドラントの特徴

  • 労働時間と対価が比例する
  • 一定の収入が保証される
  • 収入の上限がある

Eクワドラントのお金の稼ぎ方の特徴は上のようになります。

働く時間が増えるほど、残業などにより収入は上がる傾向にあり、毎月一定の収入は見込めるものの、収入にはある程度の上限があります。

もちろん残業代が出ない会社や、歩合によって収入が大きく変わる場合もありますが、もしそこに不満があるようなら、その会社で働くこと自体が疑問です。

Sクワドラント(自営業)

自分のお店を持っている人や弁護士や会計士などの士業を営んでいる人の多くは自営業です。

SクワドラントもBクワドラントも事業所得という意味では同じですが、この分類方法は自分で働くか経営するかの違いだと考えてください。

Sクワドラントの特徴

  • 労働時間と対価が比例する
  • 収入はEクワドラントに比べると不安定
  • 収入の上限がEクワドラントよりも高い

自営業は自分で働いて自分で稼ぐという意味で、Eクワドラントの従業員やサラリーマンとは違います。

しかし、基本的に自らの労働の時間に比例して収入が増えるということは同じです。

また、収入の上限はEクワドラントの人よりも高くなる傾向がありますが、その反面収入は不安定と言えるでしょう。

Bクワドラント(ビジネスオーナー)

自分のアイディアを形にして、会社を経営している人はこのビジネスオーナーに当たります。

また、飲食店などでも従業員を雇い、自らはオーナーとして複数の店舗を営んでいるような場合にもこちらに該当します。

Bクワドラントの特徴

  • 労働時間に関係なく対価が発生する
  • 収入は保障されない
  • 収入の上限がない

Bクワドラントのビジネスオーナーでは、お金を稼ぐためのアイディアを人を雇用して事業化することで収入を得ます。

そのため、ビジネスプランや雇用した従業員が優秀であるほど、多くのお金を稼ぐことができます。

また、当然ながら収入はマイナスになる場合もあります。

Iクワドラント(投資家)

株式投資や不動産投資、その他色々な方法で投資をして、生計を立てている人がIクワドラントです。

Iクワドラントの特徴

  • お金を運用する事でより多くのお金を手にする
  • 収入は保障されない
  • 収入の上限がない

Iクワドラントの投資家では、株や不動産などに資金を投資し、そこから得られるリターンが収入になります。

自分が労働するのではなく、お金を運用してより多くのお金を生み出します。つまりお金にお金を稼いでもらうということです。

こちらも当然ながら、収入がマイナスになる可能性があります。

E/SクワドラントとB/Iクワドラントの違い

クワドラント

この4つのクワドラントで重要な事は、E/Sクワドラント(上の図の左側)とB/Iクワドラント(上の図の右側)ではお金の稼ぎ方が真逆だということです。

E/Sクワドラントでは、自分が労働力を提供しお金を稼ぎます。一方でB/Iクワドラントでは、自分のビジネスプランや投資資金がお金を稼いでくれます。
いわゆる不労所得と呼ばれる収入は、右側のB/Iクワドラントのことを指します。

不労所得とは?

不労所得とは、その字のごとく「労働しないで得るお金」のことです。

つまり、E/Sクワドラントでは自分の労働力が所得に繋がりますから、不労所得は当てはまりません。

逆にBクワドラントでは、雇用する従業員が労働力として働き、Iクワドラントではお金がお金を稼いでくれるので、どちらも不労所得ということになります。

不労所得はお金と人生のロードマップに必要不可欠

ここで重要なのは、お金と人生のロードマップを描くには不労所得が必要不可欠だということです。

なぜならE/Sクワドラント(会社員や自営業)では、労働の対価としてお金が発生するため、その多くは労働する時間に比例して所得が多くなると言えます。

つまり「時間とお金を交換」していることになります。

ここで問題なのは、時間と交換できるお金には上限があるということです。

1日は24時間、1ヵ月は720時間です。寝る時間や食事、プライベートな時間を考えると、お金に換えるための時間というのは決して多くはなく、むしろ少ないと言えるでしょう。

1日8時間、週5日の労働を40年続けるというのは人生を豊かにするために、必要なものでしょうか?

もしそう思うのであれば、このサイト自体はその人のとっては、あまり有益なものではないかもしれません。

ただ、1日8時間、週5日の労働を40年続けることが、人生を豊かにするためには必要ないと思うのであれば、不労所得を得ることが必要不可欠だということを理解していただけると思います。

注意1:仕事を否定しているのではない

ここまでの記事で誤解してほしくないのは、私は労働することを否定しているわけではありません。

特に好きな事が仕事であるのならば、それこそ余計なお世話だと感じると思います。

ただ、お金を得る手段として仕事をしているのであれば、1日8時間、週5日の労働を40年続けるというのは疑問が残る考えています。

もし、多くの人が1日4時間で週2日など、時間的拘束の少ない条件の労働で、十分なお金を稼ぎ豊かな生活が送れるのであれば、その生活を変えてまで、お金と人生のロードマップを描く必要はなくなるかもしれません。

注意2:不労所得は不労にするまでが大変

もう一つ大切なのは、不労所得を手にするには、そのための知識や経験を身につける必要があります。

他の人よりも極めて優秀な頭脳を持っている方であれば、そうではないと思いますが、ビジネスオーナーになるためにも投資で稼ぐためにも、相応の知識や経験がなければ難しいと言えるでしょう。

このサイトでは、そういった知識や経験を身につけるために必要なことについても言及してきます。

注意3:不労所得にも、ある意味、労働は必要

不労所得と言っても、ビジネスなら人材や会社の経営方針の決定、投資であれば投資先の分析などに充てる時間は必要です。

それを労働とも言えるかもしれません。ただ、成功したB/Iクワドラントの人では、その時間はE/Sクワドラントの人に比べると圧倒的に短く、そして収入も大きなものになります。


次の記事では人生のロードマップを描くためのクワドラント設計について考えてみたいと思います。

コメント