ホーザンの工具セット(DK-28)を買いました|電気工事士2種実技試験

今年は電気工事士2種の試験を受けるので、それに必要な工具セットを買いました。

スポンサーリンク

ホーザンの工具を選んだ理由

買ったのはホーザンの「電気工事士技能試験 工具セットDK-28」というもの。これを選んだ理由は2つ。

ネット検索で一番目にするメーカー

1つめの理由は、「技能試験 工具」で検索したら一番目につくメーカーだったこと。正直、電気工事はしたことないので、どこの工具が使いやすいのか全くわかりません。

ただ、電気工事士2種の技能試験では、圧着工具はjis規格に適合した黄色い柄であることが条件になっているようです。

取り敢えず、ネットでよく見かけるということで、技能試験でもまず間違いなく使えるだろうと。

Youtubeで電気工事士2種試験対策動画がある

ホーザンはYoutubeで電気工事士2種の試験対策の動画をアップしています。筆記と技能試験の両方がありますが、技能試験では当然ですがホーザンの工具を使用しています。

なので、その動画で勉強するなら、ホーザンの工具を使った方が良いというのが2つめの理由です。

「電気工事士技能試験 工具セットDK-28」

実際にとどいた「DK-28」がこちらです。

電気工事士2種工具セットDK-28

DK-28の内訳

DK-28の工具や付属品は次のとおりです

  • プラスドライバー「No.2」
  • マイナスドライバー「5.5」
  • ペンチ「P-43-175」
  • ウォーターポンププライヤー「P-244」
  • 圧着工具「P-738」
  • VVFストリッパー「P-958」
  • 電工ナイフ「Z-680」
  • 布尺
  • ケース
  • 技能試験対策ハンドブック
  • DK-28取り扱い説明書

コンパクトで使いやすそう

まだ技能試験の練習はしていませんが、思っていたよりコンパクトで使いやすそうです。

技能試験会場では、作業スペースが限られているそうですので、あまり大きい工具は使いにくいようです。

DK-28の注意点

DK-28に含まれている圧着工具「P-738」はリングスリーブの「中」までの圧着ができますが、「大」はできません。

技能試験ではリングスリーブの圧着は中までのようですが、実際に現場で大を使う場合には、DK-28ではなく別の工具セットを買った方が良いでしょう。

工具セット購入はお早めに

技能試験の前になると、購入者が増えるので品薄になる可能性もあるようです。技能試験を受ける予定なら早めに購入を検討するのがオススメです。

コメント