【実体験】ペットにチンチラを飼ってからわかった事まとめ【飼育】

ジワジワとペットとしてチンチラを飼う人が増えてきている最近の日本ですが、それでもチンチラに関しての本や飼育の方法を知る機会はまだまだ少ない現状です。

今回は、私自身がチンチラを飼って1年が経過して分かった事や感じた事を記事にまとめました。私の飼っているチンチラについての記事ですので、全てのチンチラに言えない場合もあるかもしれませんが、参考にしてください。

※随時更新や詳細記事へのリンクを貼っていく予定です。

スポンサーリンク

チンチラを飼う時の準備と必要なものは?

今になって思うチンチラを迎える準備として必要なものは次のようなものです。

チンチラ飼育に必須だと思うもの

  • ゲージ
  • ステージ等(ゲージに固定する床)
  • チモシーやペレット、おやつなど
  • 砂浴び用の容器と砂
  • かじり木(りんご・なし・もも・マンゴーの木など)
  • ペットシーツ
  • 部屋んぽ用の部屋の養生
  • 水飲み器やエサ入れ

チンチラ飼育にあったら良いもの

  • 静音タイプの回し車
  • 大きめのゲージ
  • 保温電球などの暖房器具(冬場)

チンチラは意外にジャンプ力がある

チンチラは電源コードなどもかじるので、部屋んぽをする際にはそういった危ない場所に行けないように、仕切りをしたり工夫をします。ただ我が家のチンチラは70センチくらいまでなら自力でジャンプして乗り越えます。我が家では3段ボックスで仕切りをしていますが、高さが90センチくらいなので今のところは、その高さは飛べていません。

ただ、1メートルくらいジャンプするチンチラもいるそうですから、人の腰骨くらいの高さは飛べるようですね。

【チンチラ飼育】チンチラは意外にジャンプ力がある【実体験】
チンチラは見た目は可愛らしくて大人しそうな生き物ですが、実はかなりのジャンプ力の持ち主です。 大人になると1メートルくらいのジャンプをするチンチラもいるとか。 ちなみに我が家のチン...

チンチラはどれだけ大きくなる?

チンチラをペットショップなどで貰う時には、生後2~5カ月くらいが一般的だと思います。体重も2、3百グラムくらいだと思いますが、我が家のチンチラは生後1年程度で800グラムまで成長しました。

チンチラの飼育本にはバラツキはありますが、600グラム程度までとされていますが、個体差はあるようです。800グラムのチンチラは抱っこするとドッシリしています。

チンチラは何でもかじるクセがある

チンチラの飼育で一番困るのは、この「何でもかじるクセ」です。木はもちろん壁紙やプラスチックや金属まで何でもかじります。

かじられたくないものがある部屋では、養生などは欠かせません。また注意したいのは、コード類もチンチラにとっては大好物です。

とりあえず、かじってみようと思うらしく電源コードなどは絶対にチンチラが触れるスペースには置かないようにいましょう。

チンチラの鳴き方の種類

チンチラは、知らないと驚くような声で鳴きます。

一番大きな声で鳴くときは「クックックックックッ」というような感じです。

この声は、「謎鳴き」とも呼ばれ、「何で今鳴いてるの?」と思うようなタイミングで鳴きます。

おそらく、何か不安を感じている時やモヤモヤしているような時に鳴いているように感じますが、そのボリュームはとにかく大きいです。

また、甘えている時などには、「グッグッグッ」や「グググググググ」と歯ぎしりのような声のような不思議な声で鳴きます。

怒った時には「ワンッ」と犬のような声で鳴きます。あと寂しい時には薄っすらと「キューー…ン」と空耳のような感じの声が聞こえてきます。

とにかく、どの鳴き方も以外ですが、謎鳴き以外はそれほど大きな声では鳴きません。

チンチラが活動的な時間帯は?

チンチラは夜行性だとか準夜行性と言われています。

我が家のチンチラは、大体夜の20時~4時くらいまでが活発に活動する時間帯です。

23時くらいまでは部屋に放していますが、その後はゲージに戻りますので、23時くらいは走り回ったりジャンプしたり楽しそうに過ごしています。

ウンチはコロコロで夜に沢山する

チンチラのウンチはコロコロの楕円形のウンチです。ただ、体調が悪い時などにはウンチが柔らかくなり、1日だけの時もあれば数日続くこともあります。

あまり長く続くようでしたら、寄生虫などの問題もあるようですので動物病院につれていく事をお勧めします。

チンチラが夜行性なのか、お昼はあまりウンチをしません。1時間に2、3個くらいコロっと落ちてるくらいです。

しかし、夜になると腸が活発になるのか、1時間に30個くらいはウンチをします。コロコロの乾燥したウンチなので臭くはありませんが、よくこんなに出るなと思うくらい頻繁にします。

チンチラの食べ物の好みは?

チンチラのご飯は我が家ではチモシー、ペレット、えん麦を毎日1回夕方に与えています。それを1日かけて食べるようなイメージですが、チモシーは常に余る程度に入れています。

また、ビタミンCや乳酸菌の入ったオヤツやドライフルーツ、ナッツ類なども別に食べさせています。

我が家のチンチラは、ドライフルーツやえん麦、ナッツ類が特に好きなようで、持っていると寄ってきます。

チンチラ バランスフード(1kg)
ケンコーコム
¥ 652(2019/09/21 23:13時点)

チンチラにしつけや芸を教えることはできる?

チンチラは好奇心が強く頭も良いと思います。我が家ではしてはいけない事をする時には「ダメ」という言葉を使いますが、怒られているとは認識していると思います。

ただ、頑固で好奇心の強さからダメと言ってもすぐに止めたりする事はありません。これは個体差があると思いますが、我が家のチンチラはとにかく勝気です。

また、YouTubeなどの動画で「おまわり」をしているチンチラがいますが、根気よく教えれば身につけるようですね。

チンチラにオススメのおやつ

我が家ではドライフルーツは必須のオヤツです。あと、乳酸菌入りのオヤツも整腸作用を考えるとオススメです。

ドライフルーツではパインやパイナップル、グレープフルーツなどが特に好きですね。

チンチラの室温の管理は?

チンチラの飼育本では15℃~25℃程度の室温を推奨しています。

チンチラは毛が非常に密集して生えているので、おそらく暑いのは苦手だと思います。

そのため、夏場は基本的に24時間エアコンはつけっぱなしにしていました。大体24畳くらいのスペースに1台の大型エアコン1機で利用していたので、どれくらいの電気代になるのか心配でしたが、意外に高くならず一番暑い時期の1カ月の電気代でも1万円台でした。

冬場はマンションなので、密閉度が高くそこまで気温が下がらないので、寒くなったらエアコンやガスファンヒーターをつけるくらいでした。人間の体感温度で寒いと感じたら入れるくらいです。また、夜ゲージに入れる時には「保温電球60W」を利用していたので、それほど心配は要りませんでした。

また、我が家のチンチラは冬は10℃くらいでも平気そうだったので、15℃のラインはそれほど気にしなくても良いかなと思います。

チンチラの性格は?

こちらも個体差はあると思いますが、好奇心旺盛な性格は共通していると思います。

部屋んぽをする部屋だけでなく、別の部屋にも行こうと試みたり、高いところに登ろうと頑張っている姿は可愛くも大変です。

また、我が家のチンチラは非常に頑固です。バリケード的なものがあると攻略するまで挑戦し続けるています。

チンチラを飼い始めてからの親密度の変化

飼い始めた当初は、あまり近づいては来なかったので、オヤツなどを与えつつ慣れさせていました。

その後も半年ほどかけて、近づいてきたり離れたりといった距離感になり、1年経った今ではチンチラの部屋にいると、太ももや膝に乗ってくるのが普通になっています。ただ、抱っこは好きではないらしく、自ら抱っこされてはくれません。

砂浴びをした後は床が砂まみれ

チンチラは毛が非常に細く密集して生えているので、毛の手入れは欠かせません。その手入れには、砂浴びをさせてあげることが必要です。容器に砂を入れてチンチラが入れるような状態にしてあげてください。

砂浴びようの砂はペットショップやホームセンターなどで手に入れる事が出来ますが、非常に砂の粒が細かいです。

そのため、砂浴びをした後はチンチラの毛や手のひらや足の裏に砂の粒が付着しているので、部屋を駆け回ると床に砂が散らばります。我が家ではチンチラが砂浴びをした後には、お掃除ロボットに掃除をしてもらっています。

コメント